4位走行中に無念のクラッシュ…

 

2017-2018 FIM 世界耐久選手権シリーズ最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会

三重県・鈴鹿サーキット(1周5.821km)

7月29日(日)

台風12号は、明け方までに西に抜けたが、その影響は残り、スタート直前に天気が急変。ウエットコンディションでライダーがマシンに駆け寄るル・マン式スタートで8時間先のゴールを目指して始まった。

スターティングライダーは、長島哲太が務め、好スタートを決めると、難しいコンディションの中、ポジションを上げて行く。その後、秋吉耕佑、イサック・ビニャーレスとバトンをつないで行く。

雨は、台風の影響を受け、降ったり止んだりを繰り返したため転倒も多く、何度もセーフティーカーが入っていた。その中でau・テルルMotoUPレーシングは、4位争いを繰り広げ、リードしていた。不安定なコンディションでは、特に速さを発揮する秋吉は、誰よりも速く鈴鹿サーキット国際レーシングコースを駆け抜けていた。

しかし、6時間20分が経過したところで逆バンクコーナーでまさかの転倒…。すぐに再スタートしピットに戻るものの修復に時間がかかり順位を大きく落としてしまう。

それでもメカニックはマシンを確実に修復し、その思いに応えるように長島は、ハイペースで周回し、39位でチェッカーフラッグを受けたのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーフレーズ