全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦SUGO 予選・決勝 5/25(土) REPORT

 

全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦

SUPERBIKE RACE IN SUGO

宮城県・スポーツランドSUGO(1周3.7375km)

シリーズ第3戦を迎えた全日本ロードレース選手権。今回のSUGOラウンドは、2週間前に事前テストが行われ、まずまずの感触をつかんでいたが、レースウイークは、予想以上に気温が上がり路面温度は、50度近くまで上昇。コンディションに合わせてアジャストして行きたいところだったが、金曜日の走り始めに、秋吉が2コーナーで転倒を喫し1本目は、ほぼ走れず終い。幸いケガはなく2本目に臨むが、またも転倒。どちらもトラブルによるもので、何とか解決しようとマシンをチェックして行く。

5月25日(土)天候:晴れ

■公式予選

JSB1000クラス 秋吉耕佑:RACE1・13番手(1分28秒154)

  :RACE2・11番手(1分28秒158)

  羽田太河:RACE1・18番手(1分28秒808)

  :RACE2・17番手(1分28秒915)

ST600クラス     斉藤   魁:29番手(1分33秒326)

40分間1セッションで行われた公式予選では、マシンを確認しながらペースを上げ行くが問題は、すぐに解決できるレベルではなかった。何とかレースを戦える状態にしたいとセットを行った、秋吉は、羽田を引っ張りながらタイムを縮めて行き予選を終えている。羽田は、秋吉のレクチャーの甲斐もあり、自己ベストを更新。ST600の斉藤魁は、29番手から追い上げを狙う。

■RACE 1

JSB1000クラス 秋吉耕佑:RACE 1:9位(25周・37分07秒468)

羽田太河:RACE 1:20位(24周・37分29秒210)

雲ひとつない快晴のもとで行われたレース1。羽田は、好スタートを切り1コーナーでは秋吉の前に入って来る。オープニングラップは、秋吉が10番手、羽田が11番手で終え2周目に入っていく。このままランデブーを続けたいところだったが、3周目の馬の背コーナーで羽田が他車と絡むアクシデントで転倒。再スタートを切るが大きく遅れてしまう。秋吉は単独走行となり、トラブルを抱えながらも25周を走り切り9位でチェッカー。羽田は周回遅れになりながらも20位でゴールした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーフレーズ