全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦 MOTEGI 2&4 RACE 公式予選 8/17(土)REPORT

全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦

MOTEGI 2&4 RACE

栃木県・ツインリンクもてぎ(1周=4.801379km)

全日本ロードレース選手権、2019年シーズン後半戦のスタートとなるMOTEGI2&4レースが栃木県・ツインリンクもてぎで開催されている。

8月17日(土)晴れ

■公式予選

JSB1000クラス

秋吉耕佑:7番手(1分50秒241)

羽田太河:14番手(1分51秒543)

公式予選は、今シーズン初めてノックアウト方式で行われた。レースウイーク初日の金曜日は、それほど暑くなかったが、土曜日は、朝から気温が上がり厳しい暑さの中でのタイムアタックとなった。

秋吉は、前日の課題だった足回りを変更したが、思うようなフィーリングが得られず苦戦。その中でタイムアタックし、Q1で1分50秒444を出し9番手でQ2に進出した。羽田は、コンシューマータイヤにも関わらず好タイムをマーク。1分51秒543を記録し14番手と、今シーズン最高位グリッドに付けた。

Q2に進出した秋吉は、1分50秒241までタイムを縮め7番手となった。決勝に向けての改善点は、明確になってきているだけに、追い上げのレースを見せてくれそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーフレーズ